農業土木で生きていく。inタイ・コンケン

とある大学院生の日記。in タイ・コンケン

タイ・コンケンにて農業土木分野で研究活動をする大学院生のブログ。研究、留学、サッカー観戦、民族音楽演奏、食べ物、日々の生活について書きます。

農業土木 タイ コンケン イサーン タイサッカー ケーン 留学 トビタテ4期生

タイでの25歳は厄年らしいという話

お久しぶりです。

 

4月から始まったタイ研究留学も残り2ヶ月か~ということで久しぶりに記事を書いてみます。

そういえば、しれっとブログタイトルを変更しました。

農業土木についてのブログというより留学日記みたいになってきたので。笑

 

今回は厄年の話です。

日本では男女で厄年が違うそうですが、タイでは男女ともに25歳の年を厄年と呼ぶそうです。出家した者が救われるとされる上座部仏教徒が多いタイでは、厄年である25歳の時に出家することが多いようです。(男性のみ)

 

ちなみに、私は昨年がまさにタイの厄年でした。。。

厄年を信じる人、信じない人いると思いますが、私はどちらかというと全く信じていません。なのでお祓いなども全くしません。というか、タイに住んでいるというだけでタイ人ではないし、タイの厄年など関係ないはずです。

 

が、しかし!!

 

なんと、タイの厄年だった昨年は不運なことのオンパレードでした・・(主に健康面)

思い出せるだけで年間で胃腸炎(2~3回くらい)、扁桃腺炎(4回くらい)、知恵熱(数えきれない)、脚の捻挫(全治1か月くらい)。。
あと、色々あって精神的に病んだり、親不知を抜かなきゃいけなくなったり、犬に噛まれたり(治療中)、体重も4キロ減!!笑

私は人よりも少し病弱かもしれませんが、それでもここまで体調を崩すことはあまりないかなと。もちろん、今年は海外に住んでいるということで環境も違うし、研究留学中ということもあって色々なプレッシャーやストレスもあり体調を崩してしまったのかもしれません。
もはや笑えるレベルで色々あった上に、その1年が住んでいる国の厄年に匹敵するということで記事にさせていただきました。笑(すべて厄年のせいだといいたいわけではありません。私の健康管理も甘かったかもしれません)

ちなみに、体調を崩すたびに病院にお世話になっていたのですが、医療費はすべて入っていた保険でカバーできました。家にある領収書からかかった費用を計算してみたら、10万円以上は保険会社に支払ってもらったようです・・ありがたや(海外保険に関してはまた別記事で書こうと思います)

 

そんなこんなで、健康面で色々あった2016年ですが、2017年はもう少し穏やかに過ごしたいです。

 

P.S. そういえば、厄年である19歳の年も胃腸炎に5回、インフルエンザ2回、その他諸々あり体重が10キロ近く落ちたこともあったような…。やっぱ、お祓いとかするべきかな…。

f:id:tobeengineer:20170201212022j:plain

写真:タイ東北部のラオス国境沿いの町、ノンカイにて